【スポンサードリンク】

2016年05月05日

その後のドラゴン

ごきげんよ〜

すっかりご無沙汰です。

ドラゴンが中学卒業前後はとても忙しくて
不器用なママリーナは、ブログの更新どころではありませんでした。

そんなドラゴンですが。。。

無事、中学校を卒業して現在は家から1時間ほど離れた所にある
私立の通信制の高校に毎日元気に通学しております。

この高校は、去年の夏頃にいくつか学校説明会などに行き
自分でどうしても行きたいと言って決めた学校なのです。

他の私立よりも授業料が若干高めな感じはあるのですが
ドラゴンが行きたいと言い出した学校ですので、
これなら多少のことがあっても3年間通えるのではないと思いました。

それと、ドラゴンの様に発達障害のボーダーに居る子にとっては
学力面のサポート、心理的側面のサポートが
一般的な高校よりも充実しているのではないかと
ママリーナは感じました。

先週初めての授業参観があったのですが
先生の熱血ぶりには驚きました

中学校には居ないタイプの先生ばかりで
何かがやっぱり違います。

そしてそして、もっと驚いたことには
授業中ドラゴンはスっと背筋を伸ばして
きちんと黒板を見て聞いているのと
手を上げるべき所はちゃんと上げていました。

つまり、授業に参加していたのです。

【スポンサードリンク】




中学の時のドラゴンは、担任に対しての反発などもあり
授業中は机に伏せていることも多く
移動教室での授業には参加しないで、教室に居ることが多く
何度担任から呼び出しの電話が来たことか。。。

ところが、全くその日のドラゴンには
そんなかけらも見られませんでした。

後で先生に聞いてみると、いつも背筋を伸ばして
きちんと聞いているとのこと。

お友達もでき、楽しそうに話しているとの事なのです。

お友達関係もどうかなぁと心配していたのですが
入学後数日してから気の合うお友達が出来たようで
自宅でもその子の話なんかをしています。

良かった〜と、胸をなでおろしているママリーナなのです。

とにかく高校の3年間は楽しんでほしい

家が大好きなドラゴンですが、
家以外の心地良い居場所にしてほしいと思うのです。

部活もこれから入る予定ですが、そちらも楽しんで活動してほしいです。

全てがドラゴンのために用意されたプログラムを網羅している高校生活を送ってほしいです。

中学校では、差別されていたように感じていたドラゴン。

きっと差別ではないと思うのですが、
「できない」と言う無言のレッテルを貼られているのを
ドラゴンが肌で感じていたのではないかと思うのです。

高校に行きだしてから、一言一言が自信を持ってきたなぁと
少しずつ感じています。

そんな感じの高校生活をスタートしています。


さて、もう中学生ではないので、カテゴリ違いではありますが
とりあえず今日は、遅ればせながら中学校の締めくくりとして
今まで通りのカテゴリで書かせていただきます。

今後についてですが、
う〜ん どうしようかなってところです。

ただ、ドラゴンの成長をどこかに記しておきたいと言うのと
ママリーナのドラゴンに対する気持ち、また日々の事
ちょっと吐き出したいなってのもありますので
気が向いた時に、書き続けて行きたいなって思います。

そして、ママが魔法使い。。。

有り得ないって解っているのでしょうけど、
それでも自分が困って土壇場になると、
「ママ、魔法で見てみて!」と、お願いされます。

やっぱり、ドラゴンにとってママリーナは
永遠に「魔法使い」かもしれませんね。


次回は、どこかのカテゴリでお逢いしましょう。

ではまたね〜


にほんブログ村


にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ


がんばる主婦 ブログランキングへ



【スポンサードリンク】











posted by ママリーナ at 07:02| Comment(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。